日本ドラム

様々なイベントで活躍されている有名な和太鼓の演奏を聞いてみたくありませんか?大きな太鼓を叩いている姿はとっても迫力があって見ものですよね。

和太鼓の演奏というものはあまり聞かれていないものです。バンドなどでも太鼓といえばもっぱらドラムであり、ライブ演奏でギターやベースに混じって和太鼓をどんがどんがと叩いているというのはあまりお目にかかれるものではありません。
しかし、それでも和太鼓というものはいいものであり、お祭りなどで和太鼓が力強い演奏をしているとテンションが上り、楽しくなるものです。お祭などで叩かれる太鼓の演奏はパーカッションに負けず、力強く、日本の音楽の良さを教えてくれます。

そんな和太鼓ですが、学ぶ場というのはそこまで無いというイメージが有ります。近くの音楽教室はもっぱらピアノであり、和太鼓の音楽教室というのは中々お目にかかれません。そんな時はインターネットを駆使しましょう。インターネットで検索すると音楽教室が結構見つかるので、そこで最寄りの場所を探してみることをおすすめします。
当記事では和太鼓の演奏の楽しさについて紹介していきたいと思います。

なお、個人的におすすめなのは北野武版「座頭市」の最後の下駄タップでの和太鼓演奏です。スタイリッシュですし、何よりタップダンスとの組み合わせが実に見事で、あまり興味が無い人でも楽しめる曲だと思ってます。聞いたことがない人はぜひ試しにお聴きになってください。映画も面白いですよ。

archive
category
  • カテゴリーなし